優しさの頭脳線を持つ人の開運法

今回の手相の見方は
優柔不断さを持つが良心に優れている手相
優しさの手相です。

イラストのように頭脳線が同じ長さで二股になるのが特徴です。
(先端が二つに分かれるライターズフォークとは違います)

この手相を持つ人は優しい性格であり、様々な人の立場になって考えることができます。
考え方に柔軟性があり、自身の価値観と違うものを受け入れるのが得意です。

人間関係においてはこの手相の人がリーダーシップを取ることは少なく、誰かがした決断にのるような行動が多くなるでしょう。

それで、課題点となっているのは、優柔不断になりがちなところです。

様々な人の立場になれる柔軟性があるためか、決断が苦手です。
それゆえに自分の意志よりも周囲の意向に流されることが多くなります。

この手相を持つ人の開運ポイントは

・優先順位の高いことに努力を集中する習慣をつけること

になるでしょう。

真に優先順位の高いことをやると、他のことは自然とうまくいくようになっています。
まるでシャンパンタワーの一番上にシャンパンを注ぐとすべてのグラスに行きわたるようにです。

例えば、笑顔でいることと、お世辞を言うことでは、どちらが相手と良い関係を築くことに繋がるでしょうか。
この場合では笑顔でいることのほうが優先順位が高く、関係を築くにあたってお世辞を言うことも必要なくなるかもしれません。

さらに言えば、相手の幸せを祈る習慣があれば、笑顔すらも必要に応じて自然と出てくるかもしれません。

優先順位の高いことを見つけ、そこに努力を集中させる習慣をつけると決断力が湧いていきます。

三堀


現在は手相鑑定をしておりませんが、
オンラインで様々な人のご相談にのる事は続けています。

詳細はこちらのページでご覧ください(別サイト)

サブコンテンツ
現在は手相家としての活動はしておりませんが、オンラインで様々な人のご相談に乗る事は続けております。

詳細はこちらのページへ

ご訪問者数

  • 1259328総訪問者数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 58昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ