見抜き線(お見通し線)

 

今回の手相の見方のテーマは

 

見抜き線(お見通し線)

見抜き線(お見通し線とも言われています)です。

薬指と小指の間の、感情線上に3つの小さな楕円がつらなるのがこの手相です。

最近、人を見る目がある手相で、直感線をとりあげましたが

この、見抜き線がある人も、人を見る目がありますね。

この手相は、最初からあるか、多くの人に会う仕事についている人に出やすいです。

逆に、見る目があまり無いことが多いのが、感情線から下向きの線がたくさん出ている手相か、一筋の線で感情線がすらっと流れている、女性の場合は運命線が薄く切れ切れ、といった手相です。

人に対して情を持ちやすい人で、誰でも良い人に見えるか

そもそも、さほど相手のことに関心があるタイプではないか

相手によりかかりたい気持ちが強くて、結果的に良くない人に出会いやすい

といった要素が多いですね。

職業を何をしていても、この見抜き線が観られる人には、この線は見られますが

なぜか、占い師、ホステス(人と深い話をするような接客業)、経営者などにこの見抜き線の持ち主は多いです。

騙す人を引き寄せる(引き寄せられる)本人にも直すべき点があるにしろ

人を見抜く目は、持っていたいですね。

付き合う人を見抜く、それは自分のみならず、結果的にかなり相手のためになると思います。

三堀


現在は手相鑑定をしておりませんが、
オンラインで様々な人のご相談にのる事は続けています。

詳細はこちらのページでご覧ください(別サイト)

サブコンテンツ
現在は手相家としての活動はしておりませんが、オンラインで様々な人のご相談に乗る事は続けております。

詳細はこちらのページへ

ご訪問者数

  • 1254560総訪問者数:
  • 58今日の閲覧数:
  • 31今日の訪問者数:
  • 102昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ