財運線(金運をしめす手相)

今回の手相の見方は

財運線(金運をしめす手相)

財運線です。

これは金運をしめす手相の一つですね。
(厳密にいうと、お金にたいする価値観をしめすのですが)

簡単に解説すると、

これがハッキリと一筋刻まれていれば、お金が残りやすいですね。

貯めやすいです。
(倹約家の人も多いです)

これが細かく薄く刻まれていれば、ややお金が残りにくいですね。

お金をよく使うタイプです。
(浪費家の人もいます)

そして、薬指側にでるほど、

「貯めるよりも稼ぐ!」と考えやすくなります。

小指の真下(結婚線側)にでるほど、

「稼ぐよりも貯める!」と考えやすくなります。

財運線は人の個性によりけっこう違いますね(^^)

おもしろい手相です。

今日もブログをお読み頂き、本当にありがとうございます!

三堀貴浩


現在は手相鑑定をしておりませんが、
オンラインで様々な人のご相談にのる事は続けています。

詳細はこちらのページでご覧ください(別サイト)

サブコンテンツ
現在は手相家としての活動はしておりませんが、オンラインで様々な人のご相談に乗る事は続けております。

詳細はこちらのページへ

ご訪問者数

  • 1249614総訪問者数:
  • 30今日の閲覧数:
  • 18今日の訪問者数:
  • 126昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ