ライターズフォークは細かな表現力を示す

今回の手相の見方は、
ライターズフォークは細かな表現力を示す

ライターズフォークです。

頭脳線の先が同等の長さで二つに割れているのが特徴です。

これは一般的には文才のある手相として知られていますが、今回は本質的な意味をお伝えします。

『細かい表現が得意である』

ということです。

例えば、好き嫌いを相手に説明するにあたって、
普通では、

少し好き・好き・すごく好き・嫌い・少し嫌い・大嫌い

の6つぐらいのパターンで説明するに対して、
この手相の人は20パターン以上で説明できたりします。

一時的に好き・精神的には好き・本能的には好き、、、、といった形で、
細かな表現力を持ちあわせていますね。

そのため、文章で才能を発揮する人が多く、
ライターズフォークとして世に知られているでしょう。

本質的な意味を知れば、
それは文才のみを示すモノでは無いことも分かりますね。

細かな表現力はどの分野でも活かすことができます。

ちなみに、この手相の人が陥りがちな欠点もあります。

様々な角度からの視点を持ちあわせているがゆえに、
優柔不断になりやすいということです。

人生では、それらの欠点が解消されるために、
「優柔不断さを捨て、決断しなければいけない状況」
が何度も用意されますね。

これらを乗りこえるごとに、
細かな表現力と、決断力の両方を活かせるように
なっていきます。

三堀


現在は手相鑑定をしておりませんが、
オンラインで様々な人のご相談にのる事は続けています。

詳細はこちらのページでご覧ください(別サイト)

サブコンテンツ
現在は手相家としての活動はしておりませんが、オンラインで様々な人のご相談に乗る事は続けております。

詳細はこちらのページへ

ご訪問者数

  • 1257078総訪問者数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 21今日の訪問者数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ