聖職紋~奉仕型とリーダー型の手相~

こんにちは、三堀貴浩です。

今回の手相の見方のテーマは

聖職紋~奉仕型とリーダー型の手相~

聖職紋です。

人差し指の下で線が交差して漢字の「井」のようになっているのがこの手相です。

これは、人に与える気持ちが強い人にでますよアップ

良くも悪くも、自分のことよりも人のことが気になる、といった性質があります。

ですから起業する際にはコンサルタント業やカウンセラーや癒し系の業種を選ぶことも多いですね目

ほとんどの場合、聖職紋を形成する線の一部は努力線なので、この手相の人は努力家と言えます。

聖職紋がとびっきり濃い場合は、野心の強いリーダータイプのものになりますね。

こうなると、会社の社長、特に大きな組織をつくる才能が出てきます。

ただ、リーダータイプの聖職紋の場合だと、努力線が一本減って、井の形にならないことがありますね。

そう、そうなると、人の顔色をあまり気にしすぎない堂々とした部分が出るため、実はコチラの方がリーダータイプの聖職紋としてはパワフルですグー

聖職紋にも色々なタイプがあります。

三堀貴浩


現在は手相鑑定をしておりませんが、
オンラインで様々な人のご相談にのる事は続けています。

詳細はこちらのページでご覧ください(別サイト)

サブコンテンツ
現在は手相家としての活動はしておりませんが、オンラインで様々な人のご相談に乗る事は続けております。

詳細はこちらのページへ

ご訪問者数

  • 1259328総訪問者数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 58昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ