あまり知られていない開運線の事実

こんにちは、三堀貴浩です。

今回の手相の見方のテーマは

あまり知られていない開運線の事実

開運線です黄色い花

開運線とは、生命線から出て中指に伸びる線です。

開運線がのぼった時期に大きな喜びごとがやってきたり、飛躍の時期だったりしますアップ

そして、この線であまり知られていない事実としては、、、、

なんと、スランプを終えた時の解放感でも開運線は出る!ということです。

たとえば、離婚ですよね。

ずっと夫と別れたかったけど、別れることができた!あるいはできる!といった時期に開運線が出ることが多いですね。

別れたい相手と別れることができたこと、これはとてつもない喜びを生むことが手相からも分かっています。

つまり、開運線から見るに、その人にとって喜びごととは「あくまでもその人にとってのモノ」ということです合格

人が人に「~こそが開運だ」と断言できるものでもない、ということでもあります。

手相の奥深さは、その人の感覚に基づいたものだからかもしれませんね。

三堀貴浩


現在は手相鑑定をしておりませんが、
オンラインで様々な人のご相談にのる事は続けています。

詳細はこちらのページでご覧ください(別サイト)

サブコンテンツ
現在は手相家としての活動はしておりませんが、オンラインで様々な人のご相談に乗る事は続けております。

詳細はこちらのページへ

ご訪問者数

  • 1262118総訪問者数:
  • 42今日の閲覧数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 199昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ