運命線のトライデント(晩年にも開運する手相)

今回の手相の見方は
運命線のトライデント(晩年にも開運する手相)
晩年も大きく活躍できる手相です。
(僕にとって晩年は50歳以降のイメージです)

運命線の最後が三又(トライデント)になる手相です。

僕はこの手相を長寿相の一つだと考えてますね。
長生きな人にもよく観られます。

この手相の人は気力が中々落ちずに、年を重ねてもやりたいことだらけになりますね。
しかも、そのいくつかで超一流の結果を残すことも多いです。

運命線が濃いめの人にでやすい開運の手相です。

ただ、この手相の人で気を付けるのは、頑張りグセが強いところです。

なにかとチャレンジするのが好きですが、自分から困難を探してぶつかっていく傾向があります。

それで頑張って成功することもありますが、もう少し楽して成功する道をとってもいいでしょう。

これもまたストイックな開運の手相ですね。

今日もブログをお読み頂き、ありがとうございます!

三堀


現在は手相鑑定をしておりませんが、
オンラインで様々な人のご相談にのる事は続けています。

詳細はこちらのページでご覧ください(別サイト)

サブコンテンツ
現在は手相家としての活動はしておりませんが、オンラインで様々な人のご相談に乗る事は続けております。

詳細はこちらのページへ

ご訪問者数

  • 1249613総訪問者数:
  • 29今日の閲覧数:
  • 17今日の訪問者数:
  • 126昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ