ますかけ線(百握りの手相・天下取りの手相)

今回の手相の見方は

ますかけ線(百握りの手相・天下取りの手相)

ますかけ線(百握りの手・天下取りの手相)です。

この手相は織田信長、徳川家康、豊臣秀吉、などにあったとされますね。

ただ、ますかけ線を持つ人がみんな武将っぽいかというと、そうでもないです。

ますかけ線というのは、運命線などの要素を強める力があります。

コミュニケーションが上手な運命線があれば、もっとそうなります。

ワンマンな運命線があれば、もっとそうなります。

ますかけ線には、レンズのような働きがあるんです。

その結果、極端な個性が発揮されて、大成功することがあるってことです(^^)

今日もブログをお読み頂き、本当にありがとうございます!

三堀貴浩


現在は手相鑑定をしておりませんが、
オンラインで様々な人のご相談にのる事は続けています。

詳細はこちらのページでご覧ください(別サイト)

サブコンテンツ
現在は手相家としての活動はしておりませんが、オンラインで様々な人のご相談に乗る事は続けております。

詳細はこちらのページへ

ご訪問者数

  • 1249613総訪問者数:
  • 29今日の閲覧数:
  • 17今日の訪問者数:
  • 126昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ